読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

戦略とはストーリーである。

読書

【読書記録】Hard Things 3.

ちょっと時間空きましたがこちら。

 

HARD THINGS

HARD THINGS

 

 kindle位置:4002/4915

成功する企業では戦略とはストーリーだ。すべての戦略的決定は誰にも納得のいくストーリーとして 提出されなければならない。

 企業に入って思うのは、
思っている以上にストーリーを語れる人が少ないということ。

 

論文を書く時って必ず、
背景があり、その背景に対して先行研究にこんなものがあり、
それに対して新しいことを考え、実行し、検証する。
その結果良くても悪くても、課題が残る、というストーリーが必ずできる。

 

その一方で、企業の偉い人が何かを語る時、
「背景」や「先人の知恵」、「何故それをやるのか」などが一切語られずに、
「何をやるか」だけで語られる事は思いの外多い。

 

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

 

 ロジカルシンキングの本では、
ストーリーを作る際の具体的な作り方が明確に書かれている。

 

これ、実は自然に出来るものとかではなく、
完全に「学習することによってできるようになるスキル」なんですよね。
そこそこ以上の理系院卒の人って結構これできる人が多いんだけど、
それ以外の人でちゃんとできてる人って凄く少ない。(観測範囲内では)

 

あと本物のコンサルとそうじゃないニワカコンサルを分ける時にも、
ここに一つ線引はありそう。

 

いずれにせよ、論理の整ったストーリーをちゃんと作る、というのは
本当に難しい事なのだと思う。

大学院で散々怒られた理由が、社会人になってからとてもよくわかります。