読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

桃太郎は何故英雄なのか。

【読書記録】リーダーシップの旅 1 さて、リーダーシップ2冊目。こちらも読んでいる、というよりは読まされている本。 リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書) 作者: 野田智義,金井壽宏 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2007/02/16 メディア: …

まだグローバル化で消耗してるの?

釣りタイトルですみません。 思ったんですよ。 「あれ、グローバル化の時代って終わってね?」と。「グローバル"化"」の時代ではなく、「グローバル」の時代だ、と。「情報化」の時代ではなく、「情報」の時代だ、と。 まぁ細々とした議論をする記事じゃない…

【読書記録】賢者のリーダーシップ まとめ

ということでまとめです。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 価値と価格とコストの関係。 - 何となく脳汁…

やるべきなのはわかってる(けどやるとは言ってない)

【読書記録】賢者のリーダーシップ 5 引き続きこちらの本。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る P116。 説明…

やめる決断。

【読書記録】賢者のリーダーシップ 4 引き続きこちらの本。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る P100。 星野…

意思なき戦略、戦略なき意思。

【読書記録】賢者のリーダーシップ 3 はい、引き続きこちら。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る P50。 私…

木に竹は接げない

【読書記録】賢者のリーダーシップ 2 引き続きこちらの本を読んでおります。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを…

街の老化。

正月なんでね。実家に帰るわけですよ。 28年前から、7−8年前まで、20年ほど住んでいた家なんだけど。丁度バブルの頃に開発された地域ですね。当時はまぁ開発したばかりの地域で周りは全部新築の住宅。路線も拡張計画があり、子供が沢山いて、駅前にはそれな…

価値と価格とコストの関係。

【読書記録】賢者のリーダーシップ 1 今ね、この本を読んでます。正確に言うと、社員教育の一貫的なやつで読まされています。 賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/03/14 メディア:…

新年のご挨拶。

2015年、色々な人に会う度に、 "最近ブログ書かないんですね"って言われました。 今年はもう少し脳汁増量で行きたいです。 ネタはあるんだよ。時間が無いんだよ。 正確に言うと、ブログの為の時間って優先度が低いんですよ。 今、優先度がモンハン以下になっ…

ソフトウェア開発のムリ・ムダ・ムラ

<a href="http://hidehigo.hateblo.jp/entry/2015/06/21/002413" data-mce-href="http://hidehigo.hateblo.jp/entry/2015/06/21/002413">今知ってほしいプロジェクトマネジメントのもう一つの世界観 ~予測型と経験型~ - higosophy</a>hidehigo.hateblo.jp 先日こちらのブログを読ませて頂いて、なるほどねーと思ったのですけれど。割としっくり来ていない同僚とかもいて、ちょっと別の視点から考えて…

ビッグデータとは結局何だったのか。

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,ケネス・クキエ,斎藤栄一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/05/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (20件) を見る 大体アクセス数も平常…

やってみなきゃわからないじゃないか

戦争は悪いっていうけどそんなのやってみなきゃわからない 原発だって動かしてみないと事故るかどうかわからない 家を買う時だって住んでみないとわからないし 車のアクセルも踏んでみないと事故るかどうかわからない もっと言えば カビの生えたパンだって食…

色々と機械学習を彷徨った結果ベイズ統計を勉強した話。

史上最強図解 これならわかる!ベイズ統計学 作者: 涌井良幸,涌井貞美 出版社/メーカー: ナツメ社 発売日: 2012/02/21 メディア: 単行本 購入: 19人 クリック: 40回 この商品を含むブログを見る まぁ私実は主にインタアネットのデイタを使ったマアケテイング…

【読了】東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」

東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」 (中経出版) 作者: 松尾豊,塩野誠 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2014/10/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (5件) を見る 読みました。 とてもよいです。 感…

Twitterがコマースに参入でエンタメが一番得するんじゃねって話。

ご挨拶 さて毎回お久しぶりですがお久しぶりですごきげんよう。散々前から言われていたTwitterのコマース参入がされますが。誰が一番得するのか、って考えたらエンタメ系じゃないのかなーと思ったのでその辺を思考整理。 記事 記事リンク置いておきますね。 …

Chromecastとリビングルーム戦争

Google Chromecast ( クロームキャスト ) Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16 出版社/メーカー: Google メディア: Personal Computers この商品を含むブログ (22件) を見る 先日発売されたこちら。 買ってみ…

au walletのデータ戦略が凄い。

au WALLET(au ウォレット)ポイントの仕組み・還元率・貯め方・使い方のガイド - ノマド的節約術 既に話題のau wallet。100万人超えたとか200万とかなんとかよくわからんけどめっちゃ人気みたいですね。 これ、何が凄くて何が新しいのか、何が今までの電子マ…

Snapchat対抗戦争。

さて、最近結構バズってましたね、 ミクシィが仕掛ける、新感覚メッセンジャーアプリ「muuk」 - ケータイ Watch これ。 muuk自体は単なる"Snapchat対抗アプリ"で、”見ると消える数秒の動画を送るコミュニケーションアプリ”ってやつですね。 muuk以外にも最近Ya…

まとめサイトはエコシステムなのか

まとめサイトってエコシステムだったの?: やまもといちろうBLOG(ブログ) を読んでまぁ大した考察したわけじゃないけどだらだら書くよ。 エコシステムの本来の定義だけ確認しとくよ、僕は定義厨だからね。 エコシステム とは - コトバンク これを読むと、…

LINE ビジネスコネクトでメディアがどうなるか考える。

LINE CHARACTER フェイスクッション ブラウン 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ 発売日: 2012/11/01 メディア: おもちゃ&ホビー クリック: 25回 この商品を含むブログ (2件) を見る 前回、コニーだったから今回はブラウン。特に意味はない。 さて、何故…

LINE ビジネスコネクトでLINEがどうなるか考える。

LINE CHARACTER コ二ー M 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ 発売日: 2012/11/22 メディア: おもちゃ&ホビー 購入: 2人 クリック: 25回 この商品を含むブログを見る コニーを貼ったことに大した意味はありません。 先日発表されたじゃないですか。1分で…

【読書記録】インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティング 作者: 高広伯彦 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ 発売日: 2013/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 書くのを忘れてました。 インバウンドマーケティング。 【概要】 マーケティングは変わっ…

【読書記録】テレビが政治をダメにした

テレビが政治をダメにした (双葉新書) 作者: 鈴木寛 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/07/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ネトウヨの為の本。 というのは言い過ぎかもしれないけど。 著者は前回の参院選で山本太郎氏と争った…

【読書記録】「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方 作者: ちきりん 出版社/メーカー: ちきりんブックス 発売日: 2013/11/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (8件) を見る 読書記録が続きます。 これもKindle オーナーズライブラリーにあったので読んでみた。 自分で買お…

/*【読書記録】100円のコーラを1000円で売る方法*/

100円のコーラを1000円で売る方法 作者: 永井孝尚 出版社/メーカー: 中経出版 発売日: 2011/11/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 7人 クリック: 134回 この商品を含むブログ (36件) を見る あちこちで平積みされていたこの本が、kindle オーナーラ…

【駄文】政治との距離感。

常見さんの記事を読んでふと思ったので徒然。 家入一真さん、「ぼくら」って「誰」なんですか? 家入さんの言う、「ぼくら」が誰かという定義は置いておいて。 「東京をぼくらの街に」というキャッチコピー。 「東京をぼくらの街に」というキャッチコピーを…

音楽で飯を食ってきたい人に向けて本を紹介する(14/02/11)

って事をやってみようかと思いまして。 自分が読んだものの中から、随時更新。 フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 作者: クリス・アンダーソン,小林弘人,高橋則明 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2009/11/21 メディア: ハードカバー 購入…

都知事選から見るソーシャルメディアマーケティング

まえがき。 さてお久しぶりですどうも。 本当はもっと色々書きたいのですが中々まとまった時間は取れないもので、 結局何ヶ月書いてないのやらわかりませんが、 何となく書きます。 テーマ。 最近は仕事ががっつりデジタルマーケ方面に偏ってきたので、その…

【読書記録】情報の呼吸法

情報の呼吸法 (アイデアインク)作者: 津田大介出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2012/01/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 13人 クリック: 633回この商品を含むブログ (56件) を見る <概要> The 津田大介入門。 <中身>買ったのは大分前なんだけど…

情報のふるい方

<まえがき>入社してから何回か、フリーテーマでスピーチする機会があって。そういう時って大体、ビジネス書を紹介してみたり、ニュース記事を紹介してみたり、そういう事をするんだけど。必ず出る質問に、「どうやってそういう情報を手に入れているのか?」…

クラウドの未来

クラウドの未来─超集中と超分散の世界 (講談社現代新書)作者: 小池良次出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/01/18メディア: 新書購入: 2人 クリック: 13回この商品を含むブログ (12件) を見る <まえがき> はいお久しぶりに読書記録。 <概要>ぶっちゃけよ…

"情強"という驕り

<まえがき>何かここ2日くらい身近に"情弱"という言葉が付いて回るので。 <main>基本的に"情弱"という言葉があまり好きでは無いんだけど、そのきっかけになったのが、前に見た家入さん(@hbkr)のツイート。前の事過ぎて元のツイート見つけられなかったんだけど、 "サ</main>…

#define クールジャパン 迷走

<まえがき>お久しぶりになりましたがまぁここんとこ忙しかったっていうわけでも別に無いんだけどモチベ上がらなかったとかなんというか言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、POISON。 <概要>ちょっとクールジャパン戦略付近にネタが転がってきたので読ん…

【読書記録】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら作者: 岩崎夏海出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2009/12/04メディア: 単行本購入: 265人 クリック: 12,967回この商品を含むブログ (1017件) を見る <まえがき。>ついに読ん…

目的と目標と手段。

<まえがき。> 何かリクエストがあったので少し書きましょう、目的と手段の混同、というテーマで書こうかと思ったんだけど。以前、facebook上で昔の友人が書いていたし、何か同じ事書くのもなーとか思って、ちょっと変えてみる。 これも、こないだ書いたこの…

【読書記録】もっと自由に働きたい

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)作者: 家入一真出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2012/08/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 41回この商品を含むブログ (7件…

mixiのしゃっちょさん交代ですって。

<まえがき。> 6記事目にしてやっとビジネスの事を書く気になりました。 尚、今回の記事は圧倒的主観に基いております。 <てーま。> mixiのしゃっちょさん交代ですって。 <資料> http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/15/news142.html とりあえずはこ…

客観的に物事を捉えるということ。

はてさて。大学時代の友人にTwitter上でお説教をしていたのですけれども。その上でどうしてもわかってもらえない部分をちょっとまとめて見ましょうという勝手な企画。 <てーま。> その友人は、「いつも主観的に物事を考えてしまうので客観的になりたい」との…

【読書記録】統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である作者: 西内啓出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/01/24メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 11人 クリック: 209回この商品を含むブログ (125件) を見る 3日連続読書記録。 <はじめに。> 2013年度、研究室の後輩に読ま…

【読書記録】入社1年目の教科書

入社1年目の教科書作者: 岩瀬大輔出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2012/09/01メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (4件) を見る 2日連続で読書記事。ちょっくら、kindle for iPadを試してみようと思い。ふと目に入った…

【読書記録】Web進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)作者: 梅田望夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2006/02/07メディア: 新書購入: 61人 クリック: 996回この商品を含むブログ (2390件) を見る 今更感に溢れていますが就職記念に読みました。いや嘘…

相関と因果の混同

<議題>相関と因果の混同<議題> <中身> ちょっと備忘録のようなアイデアメモのような、 そんな事をこのへんに書いていきます。<ヘッダー> 今回は「相関」と「因果」って混同しちゃいけないよねって話。 </ヘッダー><事例>1.コーヒーと年収の関連。 要約すると、「コー…