何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティストにはなれなかったよ

【読書記録】ひとつ上のチーム。

 

ひとつ上のチーム。[新装版]

ひとつ上のチーム。[新装版]

 

 上司に薦められて読んだ本。

 

著者はコピーライターの眞木準さん。とその周辺の十数人。何人だ。18人。眞木さん+18人がそれぞれ、チームワークというものをどう捉え、どう実行しているかということを綴った本。著者がコピーライタということで、他の18人も全員広告代理店を中心とした広告関係者。

 

ひとつ上のチームというタイトルがついてるけど、中身はひとつ上のチームを目指すにはどうしたらいいか、というHow to的なものではなく、それぞれが「私はこう実施しています」という体験談を綴ったもの。組織論みたいな本はいくつか読んだけど、実は広告&ITの仕事をしている割に、広告の人たちの組織論を読んだのが初めてだ、ということに読み始めてから気づいた。

 

僕がこの本を読んで一番不思議だったというか、面白いというか、他の組織本とは一線を画していると思ったのは、売上が上がった、とか株価が上がった、とか、そういう定量的な評価に関するものが一切出てこないこと。一方で、「良いものができた」「賞をとった」「クライアントが喜んだ」とかの定性的で曖昧な評価が並んでいるところ。

広告という業種がいまいち売上評価とか株価評価みたいなポイントに繋がりにくいところはあるのだけれど、あえてそうしているのかそうなってしまったのか、ちょっと不思議なところ。

 

同時に、かなり「クリエイエィビティ」を重視するチーム論であるというのも特徴的。チームを管理して成果を上げる、というよりも、個々人のクリエイティビティをどうやって発揮し、専門性を発揮させるためどういう工夫をしているのか、というのがそれぞれの角度から書かれている。

理屈を重視するけど、理屈じゃないアーティスティックな部分も同じくらい重視する広告という業種だからこその組織論なのだけれど、こういうチーム作りもあるというのは他業種でも多分参考になるはず。

 

Teal組織でいうところのかなりティールにちかいグリーンといった感じだと思う。チームが家族っぽいところとか、組織の階層構造が一切見えてこないところとか。勤務時間とか全然管理されてなさそう。だけど大手のクライアントの案件で成果はちゃんと上げている。

 

上司のおすすめ理由はこういうクリエイティブ重視な組織運営が「弊社にあってそうだから」ということなのだけれど、かなり高度な組織運営でもあって、やる気のない人、無能とか自分で仕事を作り出せないタイプの人にはめちゃくちゃ居づらいチーム論でもあるので運用は難しそう。精鋭以外を入れられない。大手代理店だと精鋭以外も当然混ざるので、ここまでうまい運用にはならないところもあるのだろうな。

 

良い本でした。

【読書記録】統計思考の世界 ~曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎

 

統計思考の世界 ~曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎

統計思考の世界 ~曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎

 

 はいお久しぶりです。

これを読む前に別の本も一冊読んでたのですがなんかあんまり書くネタ思いつかなかったので飛ばしてこっちです。

 

タイトルから分かる通り、統計の本。どちらかというと、統計ネタの読み物系かなあと思ったのだけど(数式ほとんど無いタイプの本だと思って買った)中盤くらいから数式はちょいちょい。

サブタイトルの統計曼荼羅というのは要するに統計にまつわるいろいろな手法を一枚の紙に関係性を可視化するとこんな感じになりますよねっていう、そういう表現の仕方。そういう統計手法があるわけではない。

 

統計知識ゼロから読むと多分しんどいと思う。基礎的な統計手法をなんとなく計算方法くらいは理解しているところからスタートすると、その計算はそもそもどういう意味があったのか、というのがかなり丁寧に説明されているので理解が進むと思う。

いわゆる統計学の教科書みたいなのって、数式の導出だったり計算方法が中心なので、それが現実世界でどういう意味があるのかっておざなりになりがちだと思うんだけど、そこの説明がかなり厚めにされている。

 

意味的な部分が厚めになっている分、初学者が理解を深めるのには向いているけど、ある程度中~上級者にはよく見知った手法のことしか書かれていないので物足りないかもしれない。

 

 ↑この辺のレベルとかが問題なく理解できる人には不要かな。

 

逆に、このレベル読んでて結局なんの計算してるのかよくわからなくなってきたら、戻ってくる本、という位置づけくらいにしておくと良いかもしれない。

 

個人的には、今まで数式としてしか捉えられていなかった統計の世界が、初めて意味的に解説されている本に出会えた気がするので読んで良かったです。

【読書記録】OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

 

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

 

 ようやく読みました。

目標管理を上手にやるための本。

 

結構ありがちじゃないかと思うんですよ。目標は立てるけど追わない、とか。目標が単なる目安になってて達成できもしない売上目標が希望的観測で立てられて、結局誰も達成できると思ってない、とか。そういう無意味な目標管理から脱するための本として有効。

 

そもそも目標、というのがなんのために立てられるのかがよくわからなくなってるケースは結構あるはずで。ちゃんと考えると、共通意識を持ってメンバーが鼓舞されるような目標が立てられるべきなんだけど、そうなっていないケースというのはものすごく多いのだと思う。期初に立てるだけ立てて、期末に形式だけ振り返る、みたいな。それって目標として機能してないですよね。

 

そういう無意味な目標管理から脱する方法として、めちゃくちゃ実践的で意味があることがハウツーレベルで書いてあって、しかもかなり理にかなっている。思想としてもすごく理に適っているし、実際に名だたる企業で導入されて実績を上げていたりもする。

 

そういう意味で、ここまでわかりやすくノウハウ化されていてすぐに実践でき、かつ思想的というか、抽象的な概念のところから解説している本というのはすごく珍しい気がする。

とりあえず弊社は期の変わり目ということもあって10月以降の目標を考え始めているのだけれど、これを読んで身近なところでは早速実践しはじめてたりします。

 

読んでおいてとても良かった本。