何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読書記録】お金2.0 新しい経済のルールと生き方

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 はい、連続更新です。

 

タップス社長の佐藤さんの本。なんかパッと見で、仮想通貨とブロックチェーンが中心の話なのかな、とか思って買ったんだけど。中身は全然違った。そんなレベルじゃない。目からウロコがボロボロ落ちてくる系の本でした。

 

仮想通貨の話は当然出てくるんだけどそういうレベルの話ではなく、あくまで重点は”新しい経済”の話。多分普通の人は、経済とはなにか、通貨とはなにか、なんて事はあまり考えた事無いと思うのだけれど。そのあたりをひたすらに深掘りした本。ポスト資本主義。

 

佐藤さん自身はこないだも、仮想地球EXAというよくわからない(本当に僕の頭が悪すぎて理解が追いついてない)サービスをやっていたりしたのだけれど。要は本当に社会の向こう側というか。新しい社会システムを模索&実験している人らしい。タイムバンクとかも。

 

読んでいて目からウロコだったポイントは、資本主義社会における通貨/株式の価格と現実の価値が乖離している、というところ。たしかになあと。(価値とはなにか、を考え始めるとそれはそれで気が遠くなる話だ。)その前置きをした上で、では資本主義に代わる新たな社会システムはなにかという話。現実として、全く価値の生まれていない仮想通貨に変な価格がついたりとかするのは歪んでいるよね。

 

もう一つは、政治には経済性が求められ、企業には公益性が求められている、という現状の話。政治と経済の境目がどんどん曖昧になっている。これも確かになあと。税金の無駄遣いに対して現代人はすごく敏感だし、一方で企業にはCSRが求められる時代でもある。この動きはきっと不可逆なのだろう。

 

実際に、"評価経済"とかみたいな資本主義とは離れた新しい経済システムが現実になっていたりする中で、こういう社会システム、特に経済そのものの変化というのはよく考えておかないといけないなあと思うのでした。

 

この本を読み終わってからティール組織という本を読んでいるのだけれど、これもすごく、新しい経済に寄り添った話なのでまたセットで読むと良さそう。ティール組織も近日中には記録を書きます。

【読書記録】MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

 

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

 

2ヶ月も更新をサボってしまったけど本は読み続けてます。

 

さて、シバタナオキさんNaoki Shibata (@shibataism) | Twitter はずっと昔からTwitterフォローしてるんだけど、元楽天執行役員の結構有名人だと思う。最近はnote/ヤフーニュース個人あたりで決算を読めるようになるノートを書いてたりして勉強になるのです。

 

で、この本はそのnoteの連載をまとめたもの(だと思ってる)なのだけれど、主にネット系企業の決算書の読み方を解説している本。決算書のどこに注目すべきなのか、がよくわかる。

 

決算書というのは、その会社がどこをビジネスの根幹にしているか、という数字が必ず書いてあって、いわゆるKPIというやつだけれど、その会社が何を見ながら戦略/戦術を決めているのか、というのがわかるから特に競合の決算書はちゃんと読もうね、という話。

 

決算書と言ってもあの細かい字で書かれた見るだけで眠くなるやつじゃなくて、プレゼン用資料(PPT)の方。PPTを見るだけで、その会社が売上というものをどう分解して考えているのか、その数字をどうやってあげようとしているのか、といった戦い方は結構見えてくる。

 

どちらかというと、読み方に工夫がある、というよりも、こんなに情報豊富なんだからみんなちゃんと読もうぜ、読む習慣つけようぜ、という趣旨の本です。すごく特別な見方をしているわけではないので、いや決算読むのとか当然いつもやってますよ、っていう人は別に読まなくてもいいのかもしれない。

【読書記録】シグナル:未来学者が教える予測の技術

 

シグナル:未来学者が教える予測の技術

シグナル:未来学者が教える予測の技術

 

 お久しぶりになってしまった気がする。読んだ。

 

何か、「予測の技術」っていうところと、先日読んだシグナル&ノイズのせいで、 最近流行りのAIやら機械学習やらそういう話の本かと思って買ったんだけど全然違った。割りと本はカバーとタイトルと評判とフィーリングで選ぶ派です。

 

で、どういう本かと言うと、タイトルの通りで、未来を予測する本。ドンピシャで未来を予測する、というものではなく、確実な未来から殆どありえなそうな未来まで、色々な視点で未来に至るまでの道筋を考えるための思考法、という感じ。

 

著者が日本に住んでたという事もあって、結構日本に馴染み深い話題とかも出てくる。序盤は任天堂ソニーを対比させながら、それぞれの会社がどう成功/失敗したかを語っていたり。そういう意味では読みやすいと思う。

 

この"未来予測"の技術の欠点は、この技術が正しいのかどうかという検証が超長期でしかできない、ということかな。確かにもっともらしい事は書いてあるし、色々なフレームを使ってビジネス環境の整理をしているのだけれど。それで成功するのかどうか、本当に予測できるのかどうかは検証できないので言ったもんがちみたいなとこある。

 

あんまりこういう超長期でビジネス環境の変化を予測/推測することを生業にしている人っていないとは思うんだけど、まあときにはそういう考え方も必要だよね、くらいの読み物としては悪くないのではないかなあと思います。