何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読書記録】プロフェッショナルマネージャー

 

プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー

 

 はい。何か読んでて辛かった。読みにくさ的な意味で。

 

結構古い本なのだけれど、バイブルにしている人は多いやつ。帯にはユニクロの柳井さん。著者はITTの元社長。コングロマリットのトップ。

 

自分がこうなりたい、と思うのは勝手だけれど、他人にむやみに薦めてはいけない本。古い価値観の本なので、モーレツに働け、的な事が平気で書いてある。この本は日本が一番元気だった時代の本なので、日本企業を見習え、的なノリも多い。

 

ITTという会社の戦略はシンプルで、会社を買収する、買収した企業に経営者を送りこむ、ちゃんとした経営をさせる。結果にコミット。ドラッカーの「経営者は経営をしなければならない(Management must manage.) 」という言葉をある意味では盲信していて、とにかく数字をあげる事にこだわって経営をさせる。結果生まれたのが世界最大級のコングロマリット

 

冒頭にも書いたけど古い価値観なので、これを無暗に薦めてくる人間は危ないな、と思うのだけれど。一方で、ちょうど会社の立ち上げに関わっていたこともあって、なるほど、経営をするというのはこういうことなのか、と腑に落ちた部分もあり。経営者というのはつらいなあと、横目で社長の顔を見るのであった。

 

まあ一冊くらいこういう本を読んでおいてもいいよね。