何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読書記録】データドリブンマーケティング

ちょっと前に読んだやつ。

 

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

 

 本のタイトル的に、デジタルマーケの話なのかな、と思って読んでみたんだけど、そういうわけでもなかった。

 

一言で言うなら、「科学的マーケティングの教科書」。マーケの世界でもデータがどうとか言われて久しいけれども。意外とデータデータ言う割にはきちっと整理して理解している人は少ない。そういう中で、「データ」というときに何から始めればいいのか、というのが整理されている。

 

この本の良いところは、教科書的なところにあると思っている。一般的によくある組織課題から入り、マーケティングを効率的に行っていく際の指標、方法論が事例を交えて書かれているので、わかりやすさもあり。

 

一方で微妙なのは、この業界がここ5年で様変わりしすぎちゃって若干古くなっている事。原著の方は2010年初版なので。とはいえ、別にこれらの指標を見る必要がなくなったわけではないので、読む価値はあるかな。

 

どちらかというと、やれビッグデータだのAIだの騒ぎ立てる前に、このレベルの事ちゃんと出来てる?という事を確認する意味で一度目を通したほうが良さそう。流行り物に飛びつく前に、やるべきことをちゃんとやって体力をつける事は必要だよね。

 

マーケに関わる人間なら、読んでおいて損は無いと思う一冊でした。