何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

オウンドメディアの終焉

色々あって調べていたので少しまとめっぽい感じで。

http://c.cocacola.co.jp/images/about/main_img.png

 

さてまだ記憶に新しいコカ・コーラパークの終了などもありますが。

www.mediologic.com

 

オウンドメディア自体がやはり厳しいものになりつつあるんだろうなぁと思ったのでそのあたりの話を、別の切り口から。

 

現状。

実際に、コカ・コーラパークの検索数をgoogleトレンドで見てみると、こんな。

 コカ・コーラパーク - Google トレンド

 まぁ下がっております。

その他のオウンドメディアも色々データ見てみたのだけど、(詳細は内緒)

大体こんな感じか、そもそも数が少ないか、といった感じ。

 

なぜ苦戦するのか。

まぁ予想はつくと思うんですけど、「メディア消費時間」自体は増えてるんですよね。

http://www.media-kankyo.jp/wordpress/wp-content/uploads/HDYmpnews20160620.pdf

PCを使う時間も、当然スマホを使う時間も、増えている。

ユーザーがwebメディア自体に触れている時間は増えているんですよ。

なのに、企業のオウンドの消費時間は減っている。

 

まぁここまで書けばそりゃそうだよね、って話になるんだけど。

何が増えてるって、キュレーションメディアだったりバズ系メディアだったりスマホゲームだったりSNSだったりサブスクリプション系動画サイトだったり、

そういうのが増えてるわけですよね。

そういう楽しいのが増えてくると、企業のオウンドメディア、特に情報系メディアって、

そういう楽しいものだったり、ガッチリSEO対策されたハウツーサイトだったり、

そういうのに「勝たなければ」ならなくなるのですよね。

目玉の可処分時間は限られているから。

 

ガッチリSEO対策されたサイトなんかと戦おうと思ったら、

特定の企業に偏ったコンテンツだとやっぱ難しいですよね。

コカ・コーラのサイトでペプシの新フレーバーの話とかできないわけですから。

やっぱ企業の公式サイトで出せるコンテンツには限りがあるんですよね。

そうすると、個人のブログだったり弱小メディアの方がそういうものには強かったりする。

 

じゃあどうやって戦うのか?

恐らく検索頼りだったりすると結構厳しい戦いを強いられるのかな、と思うんですよね。

検索頼り=ハウツーなどのコンテンツ。

なので、ターゲット絞ったソーシャル頼りのコンテンツの方がまだ芽があるかな、という気がします。

サイボウズ式の記事とか個人的によく読むけど。

ソーシャルはSEOに比べると遥かに対策がしにくいので、逆に言うと、

コンテンツ量が多ければ運良くバズる事がある。

 

とは言え「運良く」にも限界はあるので、

結局は「メディア運営」というレッドオーシャンで戦う覚悟を決めて、

それなりのリソースを投下し、意味のある、使えるコンテンツをたくさん作って当てるしか無いのだろうな、という感じ。

しかもコンテンツ当てても商品購買に結びつくのか、は別の話なので、

コンテンツを当てれば良いだけのメディア事業者より更にハードルは高い。

 

メディアが本業ではない企業に、そこに裂くリソースが果たしてどれだけあるのだろうね。

大半の企業は、マーケ予算だけだとROI合わないだろうなぁ。