何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読書記録】Hard Things

まとめ。

HARD THINGS

HARD THINGS

 

今までのやつ

まとめ的な

何度か書いた気がするんだけど、
全体的に読んでて「腑に落ちる」という感覚はそんなに多くないです。

これは、リーダーシップの旅を読んだ感想と同じで、
経験の少なさゆえの感想なのだと思います。

 

この本は、ベンチャーのCEOが失敗を繰り返す話なのだけれど、
そこまで「追いつめられるような経験」とか、
「組織を率いる経験」というのが不足しているからなのだと思う。

 

それを差し引いて、別にCEOとかじゃなくても参考になるんじゃない、というのが、
上に挙げた4点。

特にワン型=戦略派と、ツー型=行動派という2つの分け方。

まさに今ちょうど(この記事を書いている時点で)、
この違い、視点の違いに悩まされていたりする。

僕は圧倒的にワン度が高いので今徹底的に理詰めしていたりします。

 

一方で視点が違ってもそんなにイライラしたりしないので、
(どう説明しようかで結構悩んでいたりするけど)
それはこの本のおかげかもしれないなぁと思っています。
自分にツーの要素が足りないのもわかっているので、
どこかで妥協が必要。

 

ということで、
もう少し、組織マネジメントがわかるようになってくると、
こういう本が腑に落ちるようになるのかなぁと思っています。

まだちょっと早かった。