読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

事業展開の罠。

https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2016/01/2016-01-20-stackfallacy-jenga.jpg?w=738

面白い記事があったので。

jp.techcrunch.com

 

記事の内容は読んでもらえれば良いんだけど、簡単に言うと。

  • 既存事業の「上」に何かの事業を興そうと思うと、難しい

ということ。

記事の中では、チップ企業がその上に乗せるアプリケーション事業を興そうとして失敗する例が書いてある。

顧客のニーズがわからない事が原因、ということが延々と書いてあるんだけど。
まぁ当然といえば当然のこと。

 

チップ企業とアプリケーションの例なんかを出すまでもなく。

  • カメラメーカーがカメラマンになれるか?
  • 印刷会社が出版業に参入できるか?
  • スポーツ用品メーカーがプロスポーツ選手になれるか?

など、考えれば、そんなに難しい事はない。
要は、自分たちの商品を自分たちで使う方向事業展開をするには、
それなりの覚悟が必要なのだ。

 

逆は意外と簡単で、

  • カメラマンは業務用カメラのニーズを知っているし、
  • 出版社はどういう紙がどういう装丁に活きるのかを知っているし
  • プロスポーツ選手はどんなトレーニング器具が売れるかを知っている

どれも現実的。

 

自分の仕事の話をちょっと交えると、
「マーケツールを作る」事はできるエンジニアは、
そのツールを運用して効果的なマーケティングができるか、というと、出来ない。

けど、マーケツールを作っていたエンジニアが、
そのためのインフラに貢献できるか、というとたぶん出来るのだろう。

 

そのくらい、
上位のレイヤーに移るというのは荷が重いのである。

 

逆に言うと、ニーズを知るのって凄く難しい事である、とも言える。
業務用カメラを作っている人たち、別にカメラマンじゃないからね。

 

所謂SIerとかが、「ソリューション」と言いつつ中身が「御用聞き」になってしまうのも、
結局ニーズがわからないから提案<御用聞きになってしまう。
ましてやコンサルは生半可な頭じゃできないわけです。

 

ということで、さて、

lucies.hatenablog.com

こちらのブログにも書いた、メーカーのサービス業化。

これは完全に上位レイヤーに展開する話なわけです。

 

生半可じゃ上手くいかないので、
それなりのヒトとカネをぶっ込むか覚悟を決めないと、失敗しますよ。

業務提携とかでサービスレイヤーは外のノウハウを活かさないとね。

 

まぁ自動車なんかはBtoBじゃなくBtoCなので、
最初から顧客向きな分、成功はし易いと思うけどね。