読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

意思なき戦略、戦略なき意思。

【読書記録】賢者のリーダーシップ 3

はい、引き続きこちら。 

賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる

賢者のリーダーシップ みんながリーダー! の組織をつくる

 

 P50。

私は、例えば本当につまらないアイデアであっても、担当者が3回繰り返して言ってきたら、もう、「イエス」です。本当に一生懸命な目をして3回来たら、「もう分かったから、いいよ。やりなさい」となりますね。

 

最近学んだ事の一つに、「意思」「思い」が強い人に、
やりたいことをやらせるのは結構理にかなっている、ということ。

 

「意思なき戦略」と「戦略なき意思」のどちらが強いか、というのはきっと意見の分かれるところだと思う。
けど、意思なき戦略と戦略なき意思だったら、きっと後者の方が伸びしろはありそう。

 

何を実現したいか、というのが定まらない人がどれだけ現状分析をやっても、
結局批評家止まりになってしまう。

 

実現したいものがあれば、その手段は自然と洗練化されていくものなので、
まずは意思を固める、実現したい世界を明確にするのって結構大事だなぁと。

 

同時に、「意思」を固める為には何かしらの「理由」「理屈」が必要なので、
現状をよく知らないとその「意思」って固まらない気もしている。