読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読了】東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」

読書

 

 読みました。

とてもよいです。

 

 

感想としては、「人工知能ってそんなことまでできるんですか?」

というよりは、

人工知能ってそこは出来ないんですね」と思う事の方が多かったですね。

 

例えば、「責任を取る」というところとか。

車の自動運転は技術的に出来るとしても、

もし事故が起きた時に責任を取るのは人間がする、という話とかがそうだけれど。

確かにそれは人工知能にはできないわな、と。

 

最近は結構deep learningの話題から、人工知能に関する情報に触れることが多くて。

2045年問題どころじゃなくね、もっと早くね、と思っていたりしたのだけれど。

そういう漠然とした人工知能に感じていた万能感のようなものが、

結構これを読んで整理された気がする。

 

サクサク読み進められて結構面白かったです。