読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何となく脳汁を垂れ流す

データサイエンティスト見習いの卵補佐が少ない脳みその絞り汁をヘンゼルとグレーテルの如く点々と垂らしていくブログ。

【読書記録】テレビが政治をダメにした

読書

 

 

ネトウヨの為の本。

というのは言い過ぎかもしれないけど。

著者は前回の参院選山本太郎氏と争った鈴木寛

kindleの肥やしになっていたのでいい加減読もうと思って。

 

この本が全て事実でかつフラットに書かれてる、とは思わないけど、

結構テレビの見方、政治の見方が変わってくる本ではある。

 

個人的に印象に残ったのは、

記者が「中身の無いミニ田原(総一朗)化してる」というあたり。

相手を感情的にさせ、如何に失言を引き出すか、みたいな。

そういう手法が横行している、という話。

 

実際テレビ見てても、視聴率主義だなぁと思うことが多くて、

あまりテレビニュースは見ないのだけど。

ここまでなのか、と思った。

個人的に結構、自己主張バンバン繰り出すキャスターは苦手です。

古舘さんとか、ミヤネさんとか。

 

テレビが政治をダメにした、として。

じゃあ何が政治を良くするのか、という所は結構本気で考えたいですな。